第2回日越韓少年野球大会

4月10日 第二回の日越韓少年野球大会がビンズンベースボールパークにて開催され、優勝を果たしました!

初戦の韓国戦では、投手・伽羅が3回まで7奪振のパーフェクトピッチングと好投を見せ、打線も初回 優人のレフト前の強烈なヒットから打線がつながり 回を追うごとに得点を重ね抑えは兜太を投入し勝利しました

二戦目は強敵・サイゴンスートム戦 ピッチャーの球速も早く苦戦が予想されましたが、兜太レフト戦の三塁打が口火となり打線も繋がり前半はリードする展開 先発のエース・コウタもストレートに伸びと速さがあり完ぺきなピッチング 最終回 若干疲れも出てきて相手の追い上げムードかと思われましたが最後はしっかりと三振で打ち取りゲームセット

大会はU-15の基準に統一され、4名の小6の選手も普段から必死にM球、塁間の距離に合わせて練習を重ね、力も技術も引けを取らないレベルに成長したと実感できた試合でした

おめでとう フェニックス!

























31回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示